ルパン三世(実写)

評価:★★★★☆

最近話題の「ルパンの娘」・・・ではなく、結構前の実写版「ルパン三世」です。。

意外と良い噂を耳にしていたので、いまさらだなーとも思いつつ、割と期待感高めに観た。

結果はなかなかって感じ。。

イメージ強すぎ問題

みんな、アニメやマンガで一度は触れたことのある作品だと思う。

ほとんどの人がクリカン(栗田貫一)の声で記憶していることだろう。

普段は三枚目ながら、ここぞという時は二枚目キャラ・・・

あんな男に憧れる男性陣は少なくないと思う。

で、映画。

主演を演じた小栗旬は、結構イイ感じ。

キャラクターの幅や表情、声のトーン、身のこなし。

どれをとっても“ルパン三世”してたと言っても過言ではない気がする。

脇を固める?キャストも、玉鉄次元、綾小路五右衛門あたりは結構GOOD。

黒木不二子と浅野銭形はちょっとイメージのギャップがあったけど、アニメと比較しなければなかなかハマリ役だと思う。

では、なぜ「なかなか」なのか。

それは、やはり二時間映画だということかな。

2時間にまとめるのは難しい?

この映画では、メインのストーリーの起承転結、次元や五右衛門とのチーム誕生、銭形との出会い、キャラクターの説明、各関係性の構築、映画としてのアクションなどなど、本当にたくさんのものが詰まっている。

でも、アニメやマンガなどで慣れ親しんだ人からすると、その全てが薄い(確立するほどコマが無い)感じが拭い切れない。

そのため、全体が中途半端に感じてしまうんだなぁ。

しょうがないのは分かってるけど。。

でもね、その制約を考慮すると、かなり頑張っているように感じる。

個の良い所は出てるし、アクションも気持ちがいい。

ただ、出来ることなら1クールのドラマとかで観たかったかなぁ。

一つ一つのエピソードを、スピンオフ的にやっても面白いかも?

とか言って、このメンツを何度も集めるのは結構たいへんだろうけど。

ルパン三世 DVDスタンダード・エディション